愛媛県(みかん県)

愛媛県の県域は旧伊予国と一致し、県名は『古事記』に「伊予は愛比姫の国」という記述があることからとったと言われています。県庁所在地の都市名やそれが属する郡名が多いなかでこれは異例のことです。

 

松山周辺は古来より伊予の中心で、中世の守護河野氏は道後温泉の湯築城に拠りました。天正年間にこの地に封じられた福島正則は現在の伊予市の松前城に移りましたが、関ヶ原の戦いのあとに藩主となった加藤嘉明は、道後平野の真ん中にそびえる勝山に城を築き松山と改めました。現在も黒壁三層の天守閣など多くの建物が残り、市内各所から遠望されています。

 

松山では国際コンベンションシティーをめざして施設整備が進んでいますが、FAZ(輸入促進地域)の中核として「アイテムえひめ」(愛媛国際貿易センター)が建設されました。松山名物にユズの香りのする餡を巻き込んだ一六タルトがありますが、ここの玉置泰社長は伊丹十三のプロダクションの社長でもありました。

 

宇和島藩は伊達政宗の長男秀宗に始まります。ところが、維新のあと皮肉なことが起こったのです。幕末の藩主宗むね城なりは維新への功労が認められ侯爵になったのですが、仙台の本家は戊辰戦争で官軍に敵対したので伯爵にしかなれなかったのです。ちなみに、大名の爵位はだいたい5万石以下が子爵、それ以上が伯爵、20万石以上が侯爵ですが、維新の際の立場で調整があって、戊辰戦争で官軍に敵対したところは格下げになっています。
その一方、功労者の格上げもあって、毛利と島津の殿様は徳川慶喜、家達のふたつの徳川家と共に公爵にしてもらっています。宇和島城跡には小さな三層の天守閣が残っていますが、一県で二つの天守閣が現存するのは日本全国でも愛媛県だけです。

 

南予への交通は予讃本線が海岸廻りから内陸部の内うち子こまわりになって大幅に短縮。その内子は、かつて蝋の産地として栄え、いまでも古い街並みが残っています。また、ノーベル賞作家となった大江健三郎氏がここの生まれであることでも知られています。

 

愛媛県はミカンと養殖真珠の生産で日本一ですが、いずれも南予がその中心。また、宇和島では闘牛が行われますがが、スペインの闘牛とは違って牛同士の闘いです。近年整備された津島町の南楽園は壮大な池泉回遊式庭園で5月から6月にかけての花菖蒲が見ものです。

 

今治は日本一のタオルの生産地ですが、ここが本四架橋の尾道・今治ルートの基点となって9つの島を10本の橋で結んでいます。このルートの途中にある大三島には大おお山やま祇づみ神社があり、ここに平安時代から江戸時代までの甲冑のすばらしいコレクションがあり、国宝も8点を数えています。

 

愛媛県の東部の伊予三島はエリエールのブランド名で知られる大王製紙の本拠であり、川之江には地酒ブームのリーダーのひとつである梅錦の蔵元があります。

 

西条の中心部にはなんと上水道がありません。四国の最高峰である石いし鎚づち山の花崗岩層を通ってきた地下水がポンプ・アップする必要もなくこんこんと湧いて「うちぬき」と呼ばれる泉に出ているからです。観光客用の水飲み場もある素晴らしい水の街でこれだけでも訪れる値打ちがあります。

 

この西条市出身の久門渡氏は、「農業を夢のある産業にしたい」という思いから各地に「四国ニュージーランド村」「滋賀農業公園・ドイツのブルーメの丘」といった「ファーム・パーク」を建設して人気を博しています。
別べつ子し銅山は、住友グループ発祥の地。銅山は閉山されましたが、そのあとは「マイントピア別子」という名でテーマパークになっています。

 

愛媛県民の県民性はおっとりとしたマイペース型などと言われています。ほかの四国各県に比べてやや特色をとらえることが難しそうなイメージです。