愛媛県(みかん県)の県名とその他の地名の由来

愛媛県

愛媛県という県名の由来は伊予国に宿る女神や織物の達人を意味しています。
『古事記』の中に「伊予の国を愛比売といひ」という記述が書かれており、この「愛比売」という字が「愛媛」に転化して、現在の愛媛県という県名になったとされています。

 

「愛比売」という名前は伊予国に宿る女神であり、県名の意味は「美しい女神」ということになります。昔からこの辺りの地域は織物の盛んな地域だったことから、この言葉は織物がうまい女性を表すこともあります。

 

その他の説としては、この国は四国の古称「伊予之二名島」の代表的な国だったことから伊予二名島の長女という意味の「兄媛」を表すという説もあります。

 

四国中央市

比較的新しいこの四国中央市という地名は四国の中の中央に位置していることから州都を目指して命名されました。

 

愛媛県の東端にある「四国中央市」は、川之江市、伊予三島市、宇摩郡の土居町と新宮村が合併して2004年に誕生しました。命名当初は古くからの郡名「宇摩市」(あるいは「うま市」)、燧灘(ひうちなだ)にちなんだ「ひうち市」、法皇山脈の名をとった「法皇市」などが新市名の候補として現在の「四国中央市」より候補の上位に挙がっていました。

 

しかし、様々なことが話し合われた結果、将来的に地方分権が進み道州制が導入されるようなことになれば、この地が州都になるということを見越してこの「四国中央市」という地名に決定されました。

 

地名を聞けば確かに四国の中央部を想起させますが、厳しい意見を言えばやや情緒に欠ける名前になったという感じは否めないような気がします。

 

伊予

伊予という地名は温泉や湧水に由来しているという説のほか、いくつかの説が存在している難解な地名です。

 

「伊予」の「よ」は温泉の「ゆ」から転じたもので、それに発語の「い」をつけて「いよ」になったという説があります。温泉とはもちろん日本最古とも言われ、四国を代表する道後温泉のことです。

 

また、温泉以外に湧水のことも「出湯(いゆ)」と呼んでおり、これが「いよ」になったとする説もあり、湧水の周辺から次第に広い地域を指すようになり、さらに『古事記』の「伊予の二名之島」つまり、四国を表す地名となったとも言われています。

 

一方では、神話の中では淡路島の次に生まれたので、ものが重なることを示す「弥いや」という言葉から、周辺に「森いよ」があったからとの説もありますが、現在のところはっきりとした地名の由来は分かっていません。